ジオラマ・鉄道模型レイアウト 制作(製作)/販売
Yuta Atelier
ユータ            アトリエ

  HOME  ストア  メール  ギャラリー  テクニック  カルチャースクール  ニュース  ボタニカルアート  特定商取引法表示  リンク

鉄道模型レイアウトTOPへ

        作品名 220407 マイレイアウト サイズ W2500×D750
                                     
完成までの経過を掲載しています。
毎日更新は難しいですが日記形式で経過を掲載する予定です。
2022年4月30日Yuta記


1/87HO&HOナローゲージ。

DCC及びDCどちらでも運転可能なようにしています。
レイアウトの高さはHOのHNモジュールが接続出来る様にしています。



最下部にYouTube動画があります。





2019年6月27日スタート

当初は固定式ではなく
簡易な組み立て式でのレイアウトを考えていました。

O.H.氏が作っておられたレイアウトを参考にさせて頂き同じ
プランでと考えていました。








2020年5月16日

スチレンボードの上に
地面用のカーペットを敷き先のプランに
両側に延長できるよう追加したプランです

















2020年5月19日

同じ作るならナローゲージもと欲が出、
トミックスのNゲージレールを置き
プランを考えています。





















2021年5月5日

ほぼ一年間進捗なし
いろいろ欲張りすぎて
これだというプランが定まらない。








































2021年9月21日

ベースサイズをW2500×D910ミリで作り
16.5ミリと9ミリのレールを仮敷設
右側にはHNモジュールを接続してみる。



















2021年11月20日

あまりにもレールを引き回し過ぎの感があり
ナローゲージを排除、
HOもかなりシンプルな形に変更する。




















2021年12月18日

やはりナローゲージを諦めきれず
HOをさらにシンプルな形で検討。

























2021年12月23日

レイアウトベースの奥行きを750ミリに変更。
ナローゲージの配置を検討。
川部分を設ける。



HOの線路も置いてみる。















































2022年1月12日

HOの線路を敷設する。
ナローはまだ仮設




















2022年2月5日

ナローの路盤を検討する。
ナローゲージのレールが入手できない為
Nゲージのレールを使うことにする。
狭いスペースにレールを敷設する為
最小カーブはトミックスのミニカーブレールで
カーブラインを罫書き 
カトーのフレキシブルレールを使用。








































2022年3月5日

ほぼ構想が決まり作業進行中。

HO&HOeのレールはコルク道床とともに敷設完了































2022年4月

しかし気に入らなくて
HO、ナロー共に一部敷設し直す

これで決定プランとして制作を進める。






2022年4月29日


地面仕上げの前に必要な鉄橋を作る
ペーパーでガーダー橋を切り抜き
瞬着を塗布、乾燥する。










































 










You Tube動画   

ページTOPへ  鉄道模型レイアウトTOPへ




当ホームページの文章や画像の引用・転載は禁止いたします
Copyright ©2004, Yutaka Nakai All Rights Reserved. Since January, 2004